抜け毛が増えるのは白髪染めの副作用が原因って本当?

イメージ画像

薄毛で悩む女性のために
治療できるクリニックの
口コミを紹介します

抜け毛が増えるのは白髪染めの副作用が原因って本当?

ここ

年齢と共に増える白髪。白髪があると一気に老けた印象になってしまうので、白髪染めをしている人は多いと思います。近ごろはサロンに行かなくても、自宅で簡単に染められるようになりました。


しかし、手軽に手に入るからといって、それが完全に安全なものとは限りません。白髪染めの副作用として、髪の毛のボリュームが減った、抜け毛が増えた、という例は少なくないのです。


ではなぜ、白髪染めを使うと髪の毛にダメージが与えられてしまうのでしょうか。


白髪染めの多くは、1剤と2剤を混ぜ合わせ、化学反応を起こして薬剤を作るところから始まります。1剤はアルカリ剤と酸化染料、2剤は酸化剤です。


髪の毛の色を染めるには、一度キューティクルを開いて髪の毛に染料が入って行くようにする必要があります。キューティクルとは、髪の毛の表面にあって水分を保ち、髪を保護する役割があります。


シャンプーやトリートメントのCMでもおなじみの単語ですね。キューティクルは髪の毛を強く美しく保つために必要なのですが、これがあると外部からの染料がはじかれてしまうため、一度剥がさなければならないのです。


アルカリ剤によってキューティクルが開いたところに、染料が入ります。そして、酸化剤によって色を定着させていきます。これで白髪染め完了です。


ところで、この白髪染めのメカニズムからもわかるように、髪の毛を染めるために刺激の強い薬剤を使用しています。そうなると、髪の毛や地肌には大きな負担がかかります。


白髪染めは育毛剤のように毛根にまで浸透して影響するというものではないので、白髪染めを使ったからといって毛が抜けるという直接の原因にはなりませんが、髪の毛や頭皮にダメージを与えることによって、間接的に抜け毛の原因となり得ます。


例えば、開いたキューティクルは元に戻すのに時間がかかり、その間水分が蒸発していくので、髪の毛がパサついてしまう原因になります。髪の毛がパサつくとハリやツヤがなくなるので髪の毛にボリュームがなくなります。


また、薬剤によって頭皮が乾燥しやすくなってフケや炎症の原因となり、健康な髪の毛が生えにくくなって切れ毛が増えるということもありますし、炎症が起こって毛穴が詰まれば髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。


白髪染めの後は、普段以上に頭皮や髪の毛のお手入れが必要です。

公式サイト→TOMクリニック美容外科 a

公式サイト→東京ビューティークリニック a

薄毛治療クリニック比較

薄毛治療院名 カウンセリング料金 初回治療費 備考
薄毛治療院東京ビューティークリニック a 無料 7,000円~ 東京ビューティークリニック口コミ
薄毛治療院TOMクリニック美容外科 a 無料 3,750円~ TOMクリニック口コミ
薄毛治療院銀クリAGA.com 無料 3,240円~ 銀座総合美容クリニック口コミ
薄毛治療院AGAスキンクリニック a 無料 25,000円 AGAスキンクリニック口コミ
自毛植毛アスク井上クリニック a 無料 3,000円~ アスク井上クリニック口コミ
薄毛治療院新宿ノアクリニック a 無料 0円~ 新宿ノアクリニック口コミ
薄毛治療院新宿メディカルクリニック a 無料 5,000円~ 院長は女性
新宿メディカルクリニック口コミ
薄毛治療院銀座HSクリニック a 無料 3,900円~ 真の自毛再生を求めるなら
薄毛治療院親和クリニック a 無料 5,300円~ 追随を許さない最先端技術

このページの先頭へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ